上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月から小さな島在住の鯉太郎の姉です!
こんにちわんこそば( ´∀`)/~~


コメント返しもできず、更新すらできず(時間があったら寝ていたい)とうとう1ヶ月経ってしまいました!!

我が子お寅さんも1ヶ月が経ちまして、健診も無事終え、私自身に気持ちの余裕がでてきまして…
少しずつですが、コメント返しと更新していければと思ってます♪
よろしこお願い申し上げます!!(^-^ゞ


で、本日は私が体験した「出産」の話を!!
*写真は話とは全くの無縁です!!


えー色々な説明を省きまして・・・先に言います!!
100%難産でした(笑)
そして陣痛20時間→普通分娩→緊急帝王切開→終了のフルコースを経験させてもらいました。

ただ1つ分かったのは、「安産祈願」・・・全然駄目じゃねーかっ!!(`д´)ナンボハラッタオモートンナ


というわけで、長いです!
◆1月28日
コメコで引っ越し!
お昼過ぎから妙に腰が痛くなって…(元々腰痛もちだったんで、気にもしてなかった)
新しいお家に無事引っ越し、夕方になっても腰痛の痛み無くならずで…(*_*)
母親にせかされ、心狭き旦那と以前通っていた産科へ行き、そこで「これ陣痛ですよ」と。

その時の私達2人の顔→(°Д°)タマサカ!?
20100306163006



で、痛みがだんだん激しくなり「もう広島に帰るのは無理だろう」と医師の判断で、私はそのまま入院へ

陣痛は・・・もう「ハンパねぇ!!」の最上級「ンパッねぇ!」痛みでした!
何より・・・産む痛み云々より、陣痛の痛み!陣痛の痛みですよ!(←モモ松さんのマネして二回言った)
あれこそ鼻からスイカを出して、途中でもたついてる痛み(*_*)


その痛みを20時間耐えさされた姉
痛いの大好きドMの姉でも正直これは勘弁でした。

助産師さんや医師がきて、診察する度「うーん、まだみたいね」の言葉に何度殺意を覚えたか(▼皿▼)マジデ

医師の「夜中ですね」→「明け方になりますね~!」の予想を全てスルーし、結局一晩過ごし、朝までずっと陣痛と戦いでした。


◆1月29日
未だ陣痛と戦いながら、いっこうに破水しないので「もうう◯こもらしてもいいわ」とガンガン力んでました!(↑お地蔵さんネタ)


結局なかなか破水しないので、医師が破水させ(内心「昨日の段階でやってくれよ」と思った)やっと分娩室で本格的に産む体制に…(AM10:00)


心音から赤ちゃんはメチャメチャ元気なんだけど、なぜか陣痛が弱くなってきてるからって「陣痛促進剤」を投入され、更に痛みと戦うはめに。


結局あーだこーだして、「頭がもう見えてるから頑張ろう!」の声から
ふんばってふんばっても…お寅さん(我が子)出ず。┐(  ̄ー ̄)┌


そこから吸引器でもお腹をガンガン押しても・・・お寅さんまた出ず(´-ω-`)ヤレヤレ
結局緊急帝王切開に・・・・。

個人病院だったので、常に麻酔医がいるわけでもなく、医者はジジィ1人の状態。
近くの病院から応援の医者がきて…なぜかまた普通分娩でのチャレンジをしようとした医者達Σ( ̄◇ ̄*)エェッ


で、やっぱり出ず状態に「やっとやっと産める!この痛み・苦しみからオサラバできる(号泣)」と思った瞬間
応援にきた医者(男)が「明日また頑張るっていう手もあるけど、どうする?( ̄▽ ̄)」と…

姉「(ふざけんな!ヽ(`д´)ノという元気もなく)もう勘弁して下さい(号泣)」と泣きながら答えました。

10:00から始まり、14:23にやっと生まれました。

もう取り出され、泣き声を聞いた瞬間・・・泣きました!!
その理由は、ただ1つ!
「やっとやっと出た…(TдT)」
♪痛みからのッ 卒業ぉぉ~by尾崎豊:卒業

もう感動より、感動より…痛みがなくなったっていうのが一番嬉しかった(お寅さんには申し訳ないけど)
ほんとほんとに痛かったんだもん、陣痛( ┰_┰)


結局医者がしつこく説明してくれたのが、「回旋異常での緊急帝王切開」でした。
本来赤ちゃんはお母さんのお腹から回転して、顔をしてに向けて出てくるのに、お寅さんは…顔が上を向いてたらしく、顎が引っ掛かり出てこれなかった!ということ。

お腹にいる時から、ドンコラドンコラ動きまくっていたお寅さん・・・
看護師さん達から、やんちゃの称号をもらいました。(笑)


自分が難産だったと分かったのは、術後や病室で会う看護師さん達に
「大変でしたね~エラかったね~」と同情されまくったから。
それまでは皆こんな感じで産んでるんだ・・・(泣)と信じて疑わなかった。


こういう経験をして、出産ほんと命懸けなんだなぁ~とよくわかりました。
(実は妊娠中、紀香Fujiwaraのギネを見てドキドキしてた)

20100306162213



途中まで普通分娩、帝王切開の両方を経験して、「どっちのツラさ」もよくよくわかりました。


ただ残念?なのは、帝王切開だと次も帝王切開での出産になる!という事でした。

でも陣痛は・・・ほんと勘弁です。( ̄~ ̄;)



◆最後に、期待を裏切らない心狭き旦那のお・ま・け(´∀`)

出産後「ありがとう」の言葉もなく、あれだけの思いして、もう当分妊娠、出産は勘弁と思った姉に、
「男の子も可愛いけど、次は女の子がいいね(´∀`)」と楽しそうに話ししてくれました。


誰かアイツにあたし以上の同じ苦しみを与えて下さい!!(´∀`)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。